貼るカイロは尾てい骨の上くらいに貼るといい。

寒くなると外出するのも嫌になります。なんとなくの知識で、首や肩を温めると寒さがマシになると思って、ネックウォーマーを着用したり、首の下くらいに貼るカイロを貼っていました。結構あたたかくて満足しているのですが、もう1ヶ所いいところがありました。尾てい骨の上くらいにも貼るとさらに効果的です。

f:id:tanakdm:20160115150224j:plain

   

首、肩甲骨、尾てい骨付近を温めると、寒さを軽減できます。貼るカイロ、便利ですね。ゴルフなんかの時は重宝します。スキーやスノボは意外とやっているうちにあったかくなるんですが、ゴルフはそれほど暖かくならないので、朝にサービスで貼るカイロと普通のカイロをサービスで配っているゴルフ場おおいですね。気遣いとおもてなしですね。

 

あとは体を温めるためにお酒飲む人もいますが、おしっこがしたくなるので、逆に体温が下がるそうです。おしっこ我慢できるなら体温は上がりますけど、なんだか本末転倒な方法ですね。昔は山で遭難した人にはブランデーを飲ませて温めたり、ゴルフ発祥の地ではウイスキーを飲みながら寒さをしのいでいたそうです。日本人と外国人ではアルコールの代謝する量が違うので、真似しないほうがいいですけどね。

 

生姜も体を温めますよね。あたたかい生姜湯とかいいですね。生姜入りの甘酒とかも、ほんとうに温まりますね。冬のお祭りや初詣のお楽しみといえば甘酒ですもんね。寒くても、それを楽しめるといいですよね。せっかく四季があるのですからね。