お酒を飲んでも熟睡する方法

お酒を飲むと熟睡できないらしいというのは最近では通説ですね。お酒を飲むのが習慣になっている人にとっては、耳が痛い話です。なぜなら、熟睡ができないということは、体の疲れが取れない、熟睡ができないと成長ホルモンの分泌が少なくなり、老けやすくなるなどでメリットが多いからです。朝起きた時の後悔というか、ぐったりした感じは何とも言えません。

f:id:tanakdm:20160127203022j:plain

なんとかお酒を飲んでも熟睡する方法はないのでしょうか?

 お酒を飲むと、初めは気分がよくなりますが、だんだん興奮してくるんですよね。そしてお酒を飲むのをやめると、お酒を分解するためにアセドアルデヒトという物質が出てきます。これが二日酔いの原因になる物質で、これを夜中に代謝出来たら二日酔いにならないのですが、残ってしまうと頭痛や吐き気が残ります。この物質が夜中に熟睡の邪魔をするんですね。さっさと分解できる程度の量なら問題ないってことにもなりますが。

 

お酒を飲んでも睡眠の質を下げない方法を考えてみました。

 

やっぱり適量を守ることが一番ですが、楽しすぎてついつい飲み過ぎることや、気が付けば飲み過ぎてしまうことは誰にでもあります。これは、判断力をつかさどる脳の前頭葉がお酒の影響で鈍るんですね。そのおかげでストレスから解放されたり、気分がよくなったりもするので、悪いことばかりではないのですが。

 

飲み過ぎた場合、一番いいのはお水を飲むことですね。お水を飲むことでアルコールの代謝を助けるので、とりあえずお水をたくさん飲むことです。そして熟睡を助けてくれるようなサプリを取ることです。潤睡ハーブ のようにサプリメントで熟睡をサポートしてくれるものをお酒の友として取り続けることで、睡眠の質を確保しながら楽しくお酒が飲めるといいですね。

 

なんとなくお酒を毎日飲むのは罪悪感があったのですが、睡眠の質を下げないようにサプリなどを取りながらうまく付き合うのであれば、ストレスの多い世の中ですからいいのかなと思ったりもします。

 

 夜ぐっすり、翌朝スッキリ!休息サプリメント