億ションと億ションじゃないマンションの違いが解らない。

京都の閑静な住宅街の代表とも言えそうな岡崎の一等地にあるプーレージア聖護院ノ邸の価格が、京都のほかの億ションに比べて安い気がするんですけど、価格設定の違いが解らん。

 

まず、立地は文句なしで、むしろほかの億ションよりもいいと思うのですが、専有面積が100平米以下という理由なのでしょうか、1億にとどかない5200万から9200万という、もちろんやすくはないけど、ほかの億ションに比べたら、なんで1億行かなかったのかなと疑問。

 

1億円って売り出したほうが、話題性もあって売れそうな気もするのですが、1億円にとどかない価格のからくりがあるのでしょうか。

 調べてみてもよくわからないのですが、南向きや北向き、角部屋かそうでないかなど、人気に左右されるもので、売れ残りを出さないように、価格に差をつけるそうです。(価格設定の法則、スマイティ、新築マンションより)

 

そんなあいまいな価格設定とは知りませんでした。

 

つまり、人気が出そう、売れそうなら高くて、売れ残りそう、売れなさそうなら価格が低い。株みたいなもんか。もっと公示値とか路線価がどうとか言うのかと思ったけど、あんがい適当なんですね。

 

そう考えたらプレージア京都聖護院ノ邸は他の億ションに比べて割安な気がするんですけどね・・・金額は1億か9000万かで変わらないような気もしますが、1000万て今の僕の収入では数年分の年収です・・・これがはしたかねを思えるようになれば億ションでも買うのかな?買うのか?うーん・・・